ファミリーセールランキング 一挙掲載

さて、ファミリーセールのブランド人気ランキングベスト10をみてきましたが、まだまだ他にもファミリーセールをやっているブランドは沢山あります。

11位以降のファミリーセールランキングのブランドを、私自身も知りたいですし、あなたもファミリーセールって他にどんなブランドがやっているか、知りたいと思っているかも知れませんよね。

そこで、私の手元にあるブランドの資料を以下に紹介しようと思います。


11位 コンビ
12位 バナナリパブリック
13位 ラルフローレン
14位 サンエー インターナショナル
15位 ナイガイ
16位 ファミリア
17位 バーバリー
18位 フランドル
19位 グッチ
20位 トークツ
21位 コムサ
22位 シャネル
23位 バナリパ
24位 アバハウス
25位 トゥモローランド
26位 ヨウジ ヤマモト
27位 ゴールドウィン
28位 エルメス
29位 ヒステリックグラマー
30位 メゾピアノ
31位 ベネトン
32位 三崎商事
33位 a-net
34位 吉田カバン
35位 フーセンウサギ
36位 ニコル
37位 ポロ ラルフローレン ←検索キーワードをそのまま載せました。ちと苦しいけどねぇ。
38位 ポンテ ヴェキオ
39位 プラダ
40位 メルローズ
41位 dean deluca
42位 bigi
43位 アングローバル
44位 ハロッズ
45位 マウジー
46位 アディダス
47位 ciss
48位 ヒロフ
49位 ワコール
50位 コーチ

まぁ、ざ〜と、50位まで並べてみましたが、壮観ですね。

こうしてみると、今までに聞いたことのあるブランドもたくさんありますねぇ。

しかも高級ブランドと言われるところも結構あるんですね。
すごいなぁ〜。

この高級ブランドが、定価から50%以上offともなれば、家内でなくとも目の色変えて会場に駆け込むのも理解できますか。

人気のブランド その2

先回に引き続き、ファミリーセール人気ブランドランキングのその2です。

今回は、ベスト6以降の紹介です。
(本ベストは、ファミリーセールの2007年1月のキーワード検索頻度の多い順をランキングしてます。)


ファミリーセール人気ブランド第6位 イトキン

ミシェル・クランやコシノ・ヒロコなどの超有名ブランドを扱っているブランドなのね。
私でもしってるブランドじゃないですか。
人気なのも判ります。


ファミリーセール人気ブランド第7位 ファイブフォックス

ファイブフォックス(Five foxes)は、国内最大手のアパレルメーカーなんだが、ホームページを作っていないことでも有名らしい。
なので、コムサ・デ・モード(COMME CA DU MODE)やボナジョルナータ、コムサデモード・メン、コムサイズムなどのブランドを扱っているけど、それらのブランドのホームページもないらしい。
1993年に始めたコムサイズムのヒットで今の地位を築いたのだそうです。


ファミリーセール人気ブランド第7位 クロエ

クロエとタイピングしようとしたら、黒江をなってしまった。
だから何だと突っ込まないこと。
そんだけのことなんだから。

さて、クロエだが、実はフランスの高級ブランドで、ギャビー・アギオンが1956年に作った30〜45歳の大人の女性のためのブランドである。もっと若いけど眞鍋かおりも愛用してるんだそうだ。ワンピース、ブラウス、スカート、tシャツなどはもちろんのこと、人気のパディトン(バック)から、ポーチ、財布などの小物も話題のブランドである。


ファミリーセール人気ブランド第8位 オンワード樫山

ポール・スミスのスーツは、私も持ってました。(そんなことはいいか・・・^_^;)
オンワードももの凄い数のブランドを持ってる。
紹介するのが面倒になるくらいあるのだ。
だれでも知ってる会社なので、省きます。


ファミリーセール人気ブランド第9位 伊藤忠

商事じゃん。


ファミリーセール人気ブランド第10位 レナウン

小さい時からテレビのコマーシャルで何度も刷り込まれたブランドです。
でも、レナウンの扱ってるブランドは殆ど知りません。
因みに、どんなブランドかというと。

FILA
レベッカテーラー
アーノルドパーマー
アクアスキュータムUKレーベル
ア プライマリー
マーノ
グラッシー
ラム

アーノルドパーマー以外は、おじさんは全く知りませーーーん。(ToT)/~~~

ファミリーセールで人気のブランドって、判るかい?

ファミリーセール人気ブランドを調べてみようと思う。

さて、人気ブランドって言っても、どうやって人気を測ったら良いだろうか。

そこで、とりあえず、インターネットで検索してみることを考えた。

大手検索サイトで「ファミリーセール」で検索してみる。
すると、ものすごくたくさんのホームページのリストが表示されえるじゃないか。

だが、ちょっと待てよ。
これが本当に人気のバロメータになるのか?

いや、違う。ならねぇなぁ。
これは人気をそのまま表しているとは思えない。


では、どうする?


そう、この手があった。

今、私は大手検索サイトで検索をした。
この、検索キーワードで最も検索された回数の多いブランドが一番人気を表していると考えても間違いはないとは思わないか。

そうだ。
これで人気ベストを作ってみれば、一般人の人気が測れるのは間違いない。

だが、ただブランド名だけの検索人気ではダメだ。
それじゃぁ、ファミリーセールとして人気のブランドではなく、ただ単にブランドの人気順になっちまう。
私が知りたかったのは、ファミリーセールの人気ブランドだからな。

では、こうしよう。
「ファミリーセール + ブランド名」で検索された回数の多い順なら大丈夫なはずだ。


こうして、私はなぜか家内のファミリーセールの話題から、ファミリーセールの人気ベストにまで手を出すハメに陥ってしまった。

まぁ、それも良かろう。


では、さっそく、ベスト5と行こうじゃないか。


人気ベスト1 ナルミヤ
子供服ブランド、メゾピアノとかエンジェルブルーを作っているブランドだ。
やはり、子供ブランドが1位なのか。
自分にはお金を使わない親も、子供には使うだろうし、第一、じいちゃん、ばあちゃんという強力なスポンサーもいるからな。

人気ベスト2 ワールド
ファミリーセールという名前を使っていないらしいが、確かにセールはあるらしい。例えば取引先商社社員家族向けのセール(50%off)とか、60%引きの小規模セールや65%引きの大規模セール、70%OFF特別セール(社員家族向けらしい)など、いろいろとやっているようだ。
もちろん、全て招待状が必要だが、一般客でも65%OFFまでは登録可能らしい。

人気ベスト3 三陽商会
バーバリーが人気のブランドのようだ。
やはり、社員か株主限定のファミリーセールをやっている。
一般人はオークションで1枚500〜2000円で招待状を落札して行っている人もいるとか。

人気ベスト4 ベイクルーズ
ブランドの数がすごく多くて、目が回っりまうぜ。
ベイクルーズのブランドを下に並べてみた。
どうだい、壮観な眺めだぜ。

スピック&スパン ( Spick and Span )
イエナ ( IENA )
ジャーナルスタンダード ( JOURNAL STANDARD )
エディフィス ( EDIFICE )
ドゥーズィエムクラス ( DEAUXIEME CLASSE )
エディットフォールル ( edit for. LuLu )
B.C STOCK
ヒロブ ( hiroB )
マテリオ ( ETS. MATERIAUX )
ラ トータリテ ( La TOTALITE )
リミットレスラグジュアリー ( LIMITLESS LUXURY )
Inherit
バロー ( Barrault )
スタンダードデリ ( standard deli )
フレームワーク

因みに、私にブランドの特徴なんて聞くんじゃないぜ。
どうせ、答えられやしないんだからな。

人気ベスト5 セオリー
セオリーっていうのは、ちょっと今までの1〜4位のブランドとはちょっとばかり毛色が違うようだ。
そもそもアンドリュー・ローゼンって奴が1997年にニューヨークで作ったのが始まりらしい。
国際的なブランドってことだ。
おっと、これも突っ込んだ質問はなしだ。

なんてったって、ブランドなんかとは無縁な生活を送っているんだからな。



ファミリーセールとして、人気の上位5ブランドを調べてみた。
ん? だから、それがどうしたのかって。

それ以上でも、それ以下でもないさ。

ファミリーセールに行くには、どうすりゃいいんだ

ファミリーセールに行くには、招待状が必要なのに、私の家内は、いったいどうやってファミリーセールの招待券を手に入れたのだろうか?
もちろん、目的のブランド品の常連客となり、ファミリーセールの案内状をもらって、招待券を手に入れたのかもしれない。

だが、どうやら他の方法でも手に入れられるということらしい。
例のオークションという奴だ。
しかし、今回、家内が行ったファミリーセールの招待状は、オークションで手に入れたのではないという。


どうも最近、毎晩のようにパソコンに向かってなにやらやっているようだったのは、ファミリーセールの情報を調べていたということらしい。

ファミリーセールの会場も東京だけではないようで、大阪は、もちろん、神戸や名古屋、福岡など、大きな都市ならほぼ間違いなくやっているようだ。


ファミリーセールの開催時期や会場は、各ブランドのホームページの案内にも載っているようだし、場合によっては、招待状の不要なファミリーセールもあるという。

ファミリーセールの案内をこまめにホームページでチェックしておけば、そのような招待状の要らないファミリーセールの情報もタイムリーに知ることが出来るし、ファミリーセール会員登録やプリントアウトすることで参加のできるファミリーセールも時々催されているとも聞く。

ファミリーセールによっては、会場に入れる人数も制限しているところがあるというので、そこの辺りについては招待状の注意事項にもきちんと書いてあるので、忘れずにしっかりとチェックが必要だとか。(これ、全部、家内の受け売りです。)


因みに先日、家内が友人と行ってきたファミリーセールは、人数制限なしで友達や家族を広く誘い合って来て欲しいという案内状だったとか。

だったら、私にも声を掛ければ付いていったかもしれないのに。
いやいや、それはなかったかな。
家内も、私をファミリーセールに誘ったとしても、付いていかないことは最初から判っていたから声を掛けなかったのだろう。
おかげで、私も久しぶりの休日をゆっくり過ごすことが出来た。

ファミリーセールとは、いったい何だ

ファミリーセール?

私は、初めて家内の口からこの言葉を聞いた時、我家のいったい何を売るというのか?
などと、まったく見当違いな想像をしてしまった。


はっきり言って、私は仕事人間である。
仕事、仕事の毎日で、本来なら休日の土日も会社に行くことが多い。

そんな私が、ここでブログサイトを作っているのもおかしく思われる方もいるかもしれないが、それはここで話題にすることではないので別の機会に譲るとして、問題はファミリーセールである。

ファミリーセールって何?って家内に聞いてみた。
もちろん、教えてくれた。

しまった。家内は一生懸命教えてくれるのだが、今ひとつ私にはよく判らない。
当然のことだが、家内は自分の経験から、ファミリーセールに行った時の様子を中心に教えてくれる。
もちろん、それもファミリーセールとは何かという私の質問に対する答えではあるが、聞きたかったポイントと違う観点で帰って来た答えである。

違うのだ。ファミリーセールについて私が聞きたかったことは。

まぁ、その場は、家内の気持ちにお礼を言って、ファミリーセールについては、自分で調べることにした。


それで、ようやく納得。ファミリーセールって、そういうことか。

ファミリーセールとは、洋服やカバンなどのブランドが、購入者を限定して安く販売する非公開セールのことだったのだ。(そんなもの、私が知るはずがないではないか・・・。)

ファミリーセールのファミリーとは、非公開なので事前に招待券を常連客や株主・社員・社員の家族・クレジットカード会員などに送るので、そのブランドから見た一種のファミリーだけの催し物という意味でファミリーセールと付けられているようだ。(私の想像したところによると・・・だが。)

なぜかは判らないが、アトリエセールとも言うらしい。


ちょっと、待てよ。

私は当然、ファミリーセールを開催するブランド会社の「社員」ではないので、家内も当然のことながら「社員の家族」ではない。
ということは、家内はファミリーセールをしているブランド品の常連客かクレジットカード会員ということなのか?
でなければ、いったいどうやって、ファミリーセールにご招待されているのだろう?

Groupware